ビオの畑と、農薬を使った畑

今年のゴールデンウィークは、例年になく寒かったイタリア。

トスカーナでも、山の上の方では雪が降りました!

キャンティ地方や、モンタルチーノでも、風が冷たくて、寒く、ダウンジャケットが必要でした。

そうはいっても、ブドウは、芽を出し、少し緑が成長していますから、畑は春を感じさせます。

春は、ブドウ畑を見るだけで、ビオの畑か、そうでないかが一目でわかる時期です。

 

ビオで栽培されている畑は、ブドウの木の列と列の間に、草や花がたくさん咲いていて、緑に覆われています。

農薬を使っている畑は、草や花が少なくて、土の色がむき出しになっています。

 

下の写真は、モンタルチーノのカスティリオン・デル・ボスコです。
ビオ栽培をしていますので、殺虫剤や、農薬は使っておらず、無農薬で栽培しています。

カスティリオンデルボスコ

ブドウの木の列と列の間に、たくさん草や花がありますよね。
これらは自然に生えてくるもので、そのままにしてあります。

 

一方、下の畑は、同じくモンタルチーノの別のワイナリーの畑。
ブドウの木の列と列の間の草が、とても少ないことがわかります。

モンタルチーノの畑

 

畑の中を歩いてみると、草や花がたくさん生えている畑の土はやわらかく、草があまり映えていない畑の土は、かたいのがわかります。

無農薬だと、土の中に微生物がたくさんいますので、土が「生きている」からです。
もちろんそれは、ブドウの実にも影響してきますので、ビオで栽培されたブドウは、より「自然」ということがいえますね。

 

カルミネメデアワインでは、カスティリオン・デル・ボスコのワインを販売しています。
カスティリオン・デル・ボスコでは、ビオ栽培をしていますので、モンタルチーノのよさをより感じていただけると思います!

カスティリオン・デル・ボスコのワインはこちらから。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住16年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA