イタリア、バジリカータ州のDOCG(赤ワイン) 

赤ワイン

バジリカータは、ほとんどが山地と丘陵地で、土地の大部分は風化した石灰岩からなっています。

海岸の土地は、地中海性気候ですが、山地と高い丘陵地では降水量も多くなります。

DOCGは、ひとつ。
2010年にDOCから昇格になった赤ワイン「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ・スペリオーレ」です。

“イタリア、バジリカータ州のDOCG(赤ワイン) ” の続きを読む

イタリア、カンパニア州のDOCG(赤ワイン、白ワイン)

イタリアカンパニア州DOCG

ナポリのあるカンパニア州は、海岸沿いの土地は温和ですが、土地がやせています。
ブドウ栽培は、比較的気候が涼しい山地でおこわれています。

ワイン作りの歴史は、非常に古い州でもあります。

DODGは、赤ワイン2銘柄、白ワイン2銘柄です。

“イタリア、カンパニア州のDOCG(赤ワイン、白ワイン)” の続きを読む

イタリア、プーリア州のDOCG(赤ワイン)

カステルデルモンテ

プーリアは、イタリアではめずらしく、山らしい山のない州で、広大な平野が広がっています。そのため、大変暑く、ブドウの酸味や香りが失われないように成熟を管理する必要があります。

DOCGは比較的新しく、近年注目されている州でもあります。

“イタリア、プーリア州のDOCG(赤ワイン)” の続きを読む

イタリア、ヴェネト州のDOCG(白ワイン、赤ワイン、スパークリング)

イタリアヴェネト

海の都ヴェネツィアを州都とするヴェネト州で、なんといっても有名なDOCGは、赤ワインのアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ。そして、スパークリングワインのプロセッコ。
白ワインのソアヴェや、甘口のレチョートも知られていますね。 “イタリア、ヴェネト州のDOCG(白ワイン、赤ワイン、スパークリング)” の続きを読む

イタリア、ラツィオ州のDOCG(白ワイン、赤ワイン)

白ワインと赤ワイン

イタリアの首都ローマのあるラツィオ州。

白ワインが多く飲まれている州ですが、DOCGには赤ワインも入っています。

ローマがあるので、平地が多いようなイメージですが、平地は20%しかなく、半分以上は丘陵地、残りは山地になっています。
“イタリア、ラツィオ州のDOCG(白ワイン、赤ワイン)” の続きを読む