イタリアで消費される年明けのスパークリングワインの数

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

イタリアの年越しといえば、スプマンテ。

イタリアだけで、年越しに、約6800万本のスプマンテが抜栓されたそうです。

イタリアの人口は、約6000万人ですので、1人1本以上開けたということになりますが、未成年は飲めないことを考慮すると、相当な数だということがわかります。

 

 

そこで、クイズです。

イタリアで、スプマンテを飲むタイミングは、下記のうち、どれでしょう。

 

①大晦日の夕食の時

 

②カウントダウンの時

 

③元旦の食事の時

 

正解は、、、、

 

すべてです。

 

ちなみに私は、①と②で飲みました。

①と②でお腹がいっぱいになってしまって、元旦の食事には飲めませんでした。。

 

 

スプマンテのお供をする伝統的な料理といえば、コテキーノ

 

コテキーノ

 

コテキーノは、豚肉の大きなソーセージという感じで、直径が5センチは軽くある腸詰め肉です。

 

ボイルするだけで食べるのですが、あらかじめ味がついて売っているので、調理は簡単です。

 

コテキーノの付け合わせとして食べるものは、レンズ豆

レンズ豆は、お金が入ってくるといわれる縁起物です。

レンズ豆

 

このコテキーノ&レンズ豆、大晦日に食べる人もいれば、元旦に食べる人もいます。

日本のように、大晦日は蕎麦、元旦はおせち料理といった使い分けはしないのですね。

 

 

カルミネメデアワインでは、トレンティーノ・アルトアディジェ州のスプマンテを直輸入しています。

カルミネメデアオリジナルのスプマンテ「ブラン・デュ・サー」。

ブランデュサー

 

シャルドネ100%のトレントDOC

スパークリングワイン

 

どちらもシャンパンと同じ瓶内二次発酵です。

 

ぜひ、年明けにいかがですか?

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住16年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA