イタリア、マルケ州のDOCG(白ワイン、赤ワイン、スパークリング)

マルケといえば、やはりヴェルディッキオが有名ですね。
魚の形をしたボトルで知られていた白ワインです。
ヴェルディッキオは、2種類のDOCGがあります。

マルケ州のブドウ栽培は、粘土質土壌に富んだ丘陵地でおこなわれています。

マルケ州DOCG

 

オフィーダ
Offida

オフィーダ・ペコリーノ」、「オフィーダ・パッセリーナ」、「オフィーダ・ロッソ」があり、「ペコリーノ」、「パッセリーナ」は白ワインで、「ロッソ」は赤ワインです。

オフィーダ・ペコリーノ」のブドウ品種は、ペコリーノが85%以上で、マルケ州で栽培されたアロマティックでない白ブドウが15%までです。

オフィーダ・パッセリーナ」のブドウ品種は、パッセリーナが85%以上で、マルケ州で栽培されたアロマティックでない白ブドウが15%までです。

オフィーダ・ロッソ」のブドウ品種は、モンテプルチアーノが85%以上で、マルケ州で栽培されたアロマティックでない黒ブドウが15%までです。

「ペコリーノ」は、同名のチーズがありますが、まったく関係ありません。念のため。

 

ロッソ・コーネロ・リセルヴァ
Rosso Conero Riserva

コーネロ地方で作られる赤ワインです。

ここでのワイン作りの歴史はエトルリア時代まで遡ります。

「ロッソ・コーネロ・リセルヴァ」のブドウ品種は、モンテプルチアーノが85%以上、サンジョヴェーゼが15%までです。

熟成期間は、最低2年です。

 

ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ・リセルヴァ
Verdicchio di Matelica Riserva

ヴェルディッキオは、マルケ州で最もすぐれたブドウ品種といえるでしょう。
ヴェルディッキオのDOCGは、2つありますが、まずは、「ヴェルディッキオ・ディ・マテリカ・リセルヴァ」。

マテリカ市を中心とする地域で作られる白ワインです。
マテリカ市は、内陸にあるので、「山のヴェルディッキオ」と呼ばれています。

ブドウ品種は、ヴェルディッキオが85%以上、マルケ州で栽培された白ブドウが15%までです。

白い花や果実のニュアンスがあり、エレガントなヴェルディッキオです。

ヴェルディッキオは、魚料理にとても合う白ワインとして知られています。

 

カステッリ・ディ・イエジ・ヴェルディッキオ・リセルヴァ
Castelli di Jesi Verdicchio Riserva

もうひとつのヴェルディッキオのDOCG「カステッリ・ディ・イエジ・ヴェルディッキオ・リセルヴァ」。

ヴェルディッキオは、もともとはヴェネト州のブドウ品種で、1400年代にマルケ州に持ち込まれたものだといわれています。

イエジの丘で作られますが、海に近いので、「海のヴェルディッキオ」と呼ばれています。

ブドウ品種は、ヴェルディッキオですが、15%まではトレッビアーノ・トスカーノとマルヴァジア・トスカーナをブレンドできます。

ミネラル感があり、ボディのしっかりしたヴェルディッキオです。

こちらのヴェルディッキオも、魚料理にとても合う白ワインです。

 

ヴェルナッチャ・ディ・セッラペトローナ
Vernaccia di Serrapetrona

セッラペトローナ市を中心に作られる赤のスプマンテで、生産量が少ないですが、歴史のあるワインで、中世にはすでに存在していました。

ブドウ品種は、ヴェルナッチャ・ネーラが85%以上、マチェラーラ県で栽培された黒ブドウが15%までです。

収穫後に干されたブドウを加えることにより、自然の泡が発生します。

「セッコ(辛口)」と「ドルチェ(甘口)」バージョンがあります。

「セッコ」は、食事と合わせるというより、単独で飲まれます。「ドルチェ」の方は、デザートと合わせて飲みます。
サービス温度は、通常のスプマンテより少し高めで、12~14度がよいでしょう。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住16年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

2 Replies to “イタリア、マルケ州のDOCG(白ワイン、赤ワイン、スパークリング)”

  1. はじめまして、
    興味津々で見させていただいております。

    はじめましてで申し訳ありませんが、教えていただきたいことがありまして、

    イタリア・マルケ州のワインで、エチケットに日本語の”へ”の文字が書かれたものをご存知ないでしょうか

    飲んだ後、調べる前にボトルを捨ててしまいまして、いただきものでしたので調べる当てもないので、もしご存知でしたらお教えください。

    1. コメントありがとうございます。

      「へ」の文字が書かれているエチケットですが、わからないです。。お役に立てずに、申し訳ありません。。
      見つかるとよいのですが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA