イタリア、ロンバルディア州のDOCG(スパークリング、赤ワイン)

ミラノのあるロンバルディア州。

シャンパンと同じ瓶内二次発酵のスパークリングワイン、フランチャコルタが有名ですが、そのほかにもいくつかDOCGがあります。

ロンバルディアDOCG

 

フランチャコルタ
Franciacorta

イゼオ湖を中心に、その周辺で作られるスパークリングワインです。

この地では、中世からワインが作られていましたが、当時は、赤ワインが作られていて、そんなに高品質なものではありませんでした。

1961年に、ベルルッキが、シャンパンと同じ製法で作られるスパークリングワインを作りました。これがフランチャコルタの始まりです。

ブドウ品種は、シャルドネ、ピノネーロ(ピノノワール)、ピノビアンコです。
シャルドネとピノノワールは、シャンパンと同じ品種ですね。(シャンパンは、ピノビアンコの代わりに、ピノムニエを使います)

シャンパンと同じ作り方であるシャンパーニュ製法(瓶内二次発酵)を行わなくてはいけません。

また、18か月以上熟成しなければなりません。

これもシャンパンと同じく、ヴィンテージは複数のものを混ぜてよいとされています。

85%以上が同じヴィンテージの場合、「ミレジマート」といい、ヴィンテージを記載することができます。

ロゼは、ピノネーロが使用されますが、ピノネーロは15%を下回ってはいけません。

「サテン」は、ピノネーロを使用しないもので、若干弱めのガス圧のものです。

使用するブドウ品種により、味わいは、幅広いですが、泡はきめ細かく、食中酒として楽しむことができます。

白ブドウのフランチャコルタでしたら、合う料理は、デリケートな魚料理。
ロゼと合う料理は、もう少ししっかりした味わいの魚料理や、鶏肉料理も。
サテンは、カルパッチョなどの生の魚と合わせるとおいしいです。

 

モスカート・ディ・スカンツォ
Moscato di Scanzo

モスカート・ディ・スカンツォは、イタリアで一番小さいDOCGで、赤ワインのパッシート(甘口ワイン)です。

ブドウ畑は、全体で、年間約6万本しか生産されません。

モスカート・ディ・スカンツォとういブドウ品種100%で作られるワインで、この地方特有のブドウ品種です。

たいてい、10月に収穫し、棚に置き、最低20日間干します。それにより、水分が蒸発して、糖分が上がり、甘くなります。
そして、プレスされ、最低2年熟成されます。
モスカート・ディ・スカンツォは、木の樽に耐えられないため、ガラスかステンレスで熟成されます。

デザートワインとして飲まれるワインですので、デザートと合わせます。
パンナコッタなど生クリームを使ったスイーツや、フルーツベースのデザート、イタリアのクリスマスの定番のお菓子のパネットーネやパンドーロとも合うワインです。

 

オルトレポ・パヴェーゼ・メトド・クラシコ
Oltrepo’ Pavese metodo classico

「オルトレポ・パヴェーゼ」地域で作られる、シャンパンと同じ製法のシャンパーニュ製法で作られるワインで、白とロゼがあります。

最低70%以上がピノネーロ(ピノノワール)でなければいけません。
残りの30%は、シャルドネ、ピノグリージョ、ピノビアンコが使用できます。

「オルトレポ・パヴェーゼ・メトド・クラシコ・ピノネーロ」は、ピノネーロが最低85%と決められています。

このワインに合う料理は、なんといっても魚。魚介のパスタと合わせると最高です♪

 

ヴァルテッリーナ・スペリオーレ
Valtellina Superiore

「ヴァルテッリーナ」とは、アルプス山脈から流れるアッダ川の上流地域(リゾートで有名なコモ湖に注ぐ川です)。
ロンバルディア州の中でも、最もワイン作りが盛んな場所といえる地域です。

ヴァルテッリーナ・スペリオーレは、ネッビオーロが90%以上使われる赤ワインです。
10%は、アロマティックではない黒ブドウをブレンドすることができます。

熟成期間は、最低24か月。そのうちの最低10か月は、木の樽で熟成されます。

3年熟成したものは、「リゼルヴァ」となります。

サブゾーンに、マロッジャ、インフェルノ、グルメッロ、サッセッラ、ヴァジェッラがあります。

アタックがあり、なめらかで、余韻の長い赤ワインです。

合う料理は、やはり肉料理。
パスタなら、ジビエのミートソース、メインなら長時間煮込んだものがイイですね。
ロンバルディア州の郷土料理に、そば粉を使ったパスタで、バターたっぷりの料理「ピッツォッケリ」がありますが、それと合わせることもあります。

 

スフォルツァート・デッラ・ヴァルテッリーナ
Sforzato della Valtellina

ネッビオーロ主体の赤ワインです。
10%までは、地ブドウ(ピニョーラ、トッソラ、プルニョーラ)や、ピノネーロ、メルローをブレンドできます。

収穫後、棚に干しておくことにより、糖分が上がります。
その後プレスし、マセラシオンが行われます。

熟成は、最低20か月。そのうち、12か月は木の樽で熟成されなければなりません。

ブドウを干すことによって、アルコールが高くなり、アルコール度数は最低14%あります。

ドライプルーンのようなニュアンスがあり、ジビエ料理とぴったり合います。

カルミネメデアワイン

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。