イタリア、ラツィオ州のDOCG(白ワイン、赤ワイン)

イタリアの首都ローマのあるラツィオ州。

白ワインが多く飲まれている州ですが、DOCGには赤ワインも入っています。

ローマがあるので、平地が多いようなイメージですが、平地は20%しかなく、半分以上は丘陵地、残りは山地になっています。

DOCGラツィオ州

 

カンネッリーノ・ディ・フラスカーティ
Cannellino di Frascati

2011年にDOCGになった比較的新しいDOCG白ワインです。

フラスカーティのワインが作られる地域は、火山の土壌となっています。

マルヴァジア・ビアンカ・ディ・カンディア、またはマルヴァジア・デル・ラツィオを70%以上使用しなければいけません。

あとは、ベッローネ、ボビーノ・ビアンコ、グレコ・ビアンコ、トレッビアーノ・トスカーノ、トレッビアーノ・ジャッロが30%までです。

クッキーなどの焼き菓子や、チーズと合うワインです。

 

チェザネーゼ・デル・ピリオ
Cesanese del Piglio

チェザネーゼとは、古代ローマからある古い品種で、伝統的な赤ワインです。

チェザネーゼ・ディ・アッフレ、またはチェザネーゼ・コムーネを90%以上使用しなければなりません。
残りの10%は、ラツィオ州で栽培される赤ワイン用のブドウであれば、何でも大丈夫です。

合う料理は、豚肉や牛肉などの肉料理。セミハードタイプのチーズとも楽しめます。

 

フラスカーティ・スペリオーレ
Frascati Superiore

フラスカーティ・スペリオーレも、2011年にDOCGになった白ワインです。

前述のカンネッリーノ・ディ・フラスカーティと同じくフラスカーティの地域で作られます。

品種も、カンネッリーノ・ディ・フラスカーティと同じで、マルヴァジア・ビアンカ・ディ・カンディア、またはマルヴァジア・デル・ラツィオを70%以上、あとは、ベッローネ、ボビーノ・ビアンコ、グレコ・ビアンコ、トレッビアーノ・トスカーノ、トレッビアーノ・ジャッロが30%までです。

では、何が違うかというと、カンネッリーノ・ディ・フラスカーティの方が最低アルコール度数が高く(12.5%)、ドライエクストラクト(ワインから水とアルコールを除いた固形成分)が多いということです。

フラスカーティ・スペリオーレは、通常の白ワインと同じく、魚料理に合う白ワインです。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。