イタリア、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のDOCG

イタリアで最も雨の多いフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州では、ブドウは主に丘陵地帯で行われています。

高品質な白ワインで有名な州で、DOCGは、すべて白ブドウのワインです。

フリウリヴェネツィアジュリアDOCG

コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ・ピコリット
Colli Orientali del Friuli Picolit

ピコリット種主体の甘口ワイン。
ピコリットは、フリウリの土着の白ブドウです。

古代ローマ帝国の時代から存在するブドウで、当時の皇帝や教皇も飲んでいたそうです。

一時は絶滅の危機に瀕したこともあるブドウ品種です。

一部未生育になる特徴があるため、栽培が難しく、生産が限定されます。

「コッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ・ピコリット」は、2006年にDOCGに昇格したワインです。
ピコリットが85%以上使用されなければなりません。

黄金に輝く色、樽香、そのままで飲んでもおいしですが、焼き菓子と合わせたり、熟成したチーズと合わせることができます。

 

リソン
Lison

2010年にDOCGになった「リソン」。
ブドウ品種は、タイを85%使用しなければなりません。
ブレンドされるブドウは、類似のブドウではならず、アロマテックなブドウは使用できません。

緑がかったレモンイエローのさわやかな辛口の白ワインです。

 

ラマンドロ
Ramandolo

白ブドウのヴェルドゥッツォ・フリウラーノから作られる甘口のワインです。
10月の最終週ごろ収穫される遅摘みタイプのワインです。

ラマンドロは、100年以上歴史のあるワインであることがわかっています。

シュトゥルーデルなどのこの地方のお菓子と合わせてもよいですし、生ハム&いちじくや、チーズと合わせても美味しいです。

 

ロサッツォ
Rosazzo

ロサッツォの作られる地区は、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の中でもワイン造りの歴史のある場所です。

ブドウは、フリウラーノが最低50%使用されなければならず、ソーヴィニョンが20~30%、ピノ・ビアンコまたはシャルドネが20~30%、リボッラ・ジャッラが10%までのブレンドの白ワインです。

野菜系のリゾットと最高にマリアージュします。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA