イタリア、カンパニア州のDOCG(赤ワイン、白ワイン)

ナポリのあるカンパニア州は、海岸沿いの土地は温和ですが、土地がやせています。
ブドウ栽培は、比較的気候が涼しい山地でおこわれています。

ワイン作りの歴史は、非常に古い州でもあります。

DODGは、赤ワイン2銘柄、白ワイン2銘柄です。

イタリアカンパニア州DOCG

アリアニコ・デル・タブルノ
Aglianico del Taburno

タブルーノの地方を中心として作られる赤ワインです。

この地方では、ブドウの栽培が、紀元前2世紀からおこなわれていたことが、ワインの壺の発見でわかっています。
古代ローマの時代は、ポンペイに売られていたそうです。

「ロッソ」、「ロザート(ロゼ)」、「ロッソ・リセルヴァ」のカテゴリーがあり、どれもブドウ品種は、アリアニコが85%以上、ベネヴェント県で栽培された黒ブドウが15%までです。

「ロッソ」「ロッソ・リセルヴァ」は、肉料理と合わせますが、ロゼは食中酒としても、デザートワインとしても楽しめます。

 

フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ
Fiano di Avellino

「アヴェッリーノ」地方を中心として、ブドウ品種「フィアーノ」で作られる白ワインです。

ブドウの甘い香りに蜂がよってきたということから、古代ローマ人は、「ヴィティス・アピーナ(蜂のブドウ)」と呼んでいました。

「フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ」は、フィアーノが85%以上、グレコ、コーダ・ディ・ヴォルペ・ビアンコ、トレッビアーノ・トスカーノが15%までです。

ローマ皇帝からも好まれていたワインですが、現在も、ストラクチャーがある白ワインとして評価されています。

 

グレコ・ディ・トゥーフォ
Greco di Tufo

「トゥーフォ」市を中心に、ブドウ品種の「グレコ」で作られている白ワインです。

この地方で、もっとも古いブドウ品種で、歴史は紀元前1世紀まで遡ります。

「グレコ・ディ・トゥーフォ」のブドウ品種は、85%以上はグレコ、コーダ・ディ・ヴォルペ・ビアンコが15%までです。

スティルの白ワインと、スプマンテのカテゴリーがあります。
スプマンテの場合、メトド・クラシコ(シャンパンと同様の瓶内二次発酵)で、36か月の瓶内熟成が必要になります。

スティルの白ワインの「グレコ・ディ・トゥーフォ」は、甲殻類に合う代表選手です。
スプマンテの方は、冷たい前菜と合わせて食前酒として楽しみたいです。

 

タウラージ
Taurasi

タウラージは、カンパニア州で、もっとも偉大なワインといえるでしょう。

アリアニコを主体とした赤ワインですが、アリアニコはギリシャを起源とするブドウ品種です。

「タウラージ」の名前は、「タウラジア」という古代ローマの小さな村に由来しています。

ブドウ品種は、アリアニコのほかに、アヴェッリーノ県で栽培されたアロマティックでない黒ブドウを15%まで使用できます。

熟成期間は、最低3年で、そのうち最低1年は木の樽で熟成されなければなりません。

リセルヴァもあり、リセルヴァの熟成期間は、最低4年で、そのうち最低18か月は木樽熟成です。

南イタリアで、長熟の赤ワインとして、もっとも注目されているワインのひとつで、ファンの多いワインですが、ほかの長熟ワインに比べるとまだ知名度は低いといえるでしょう。

シナモンや、黒胡椒の香りがあり、しっかりとした硬質なボディの赤ワインです。

煮込んだジビエ料理とぜひ合わせて飲みたいですね。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。