「キャンティクラシココレクション2019」に行ってきました!

2月11日、12日にフィレンツェでおこなわれた「キャンティクラシココレクション2019」に行ってきました。

 

会場は、毎年おなじみの「スタッツィオーネ・レオポルダ」。

キャンティクラシココレクション2019

 

昨年までは、業者向けのみでしたが、今年は2日目の午後が一般にも公開されるという大きな変化がありました。

 

参加ワイナリーは、197社で過去最高。

年々勢いを増すこのイベント。

試飲できるワインの数は、721種類。ボトル数にして、9500本のワインが抜栓されるということですから、ものすごい数です。

キャンティクラシココレクション2019

 

ブースは、地区ごとに分かれていて、大変わかりやすいです。

キャンティクラシココレクション2019

 

キャンティクラシコ2017年、キャンティクラシコ・リゼルヴァ2016年が、新しいヴィンテージとして、評価されますが、ワイナリーによっては、規定以上の熟成するところも多いため、キャンティクラシコ2016年、リゼルヴァ2015年を出しているところも多かったです。

樽からのサンプル品として、2018年を出しているところもありました。

2017年は、暑くなく、雨が少なかったので、標高の低いところ、乾燥しているところが不利になり、丘陵地や、湿気があるところが有利になった年のとのことです。

 

リゼルヴァの上のカテゴリー「グランセレッツォーネ」も、すっかり定着して、多くのグランセレッツォーネもお目見えしていました。

 

お世話になっているワイナリーへのブースも、しっかり行ってきました。

 

カルミネメデアワインで、直輸入をしている「セトリオーロ」のスザンナさん。

セトリオーロ

 

カルミネメデアのオリジナルキャンティクラシコを作ってくれているフィリッポさん。

カルミネメデアワイン

 

 

プラスアルファで、キャンティクラシコの格付けDOPオリーブオイルもスタンドがあり、オリーブオイルも試飲できました。

オリーブオイルのブース

 

 

そのとなりには、生ハム、パルミジャーノチーズ、バルサミコ酢、モッツァレラチーズなど、格付けDOPの名産物の試食もありました。

生ハムの試食

 

 

年々クオリティーが上がっているといってよいキャンティクラシコ。

地区ごとに比較ができて、大変興味深いイベントです。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住16年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。