ベンヴェヌート・ブルネッロ2019に行ってきました!

2月15日~18日に、モンタルチーノで開催された「ベンヴェヌート・ブルネッロ2019」。
行ってきました!

 

その年にリリースされるブルネッロ・ディ・モンタルチーノが一挙公開という試飲会。

 

プレスをはじめ、ワイン業界の人からワインラヴァ―が集まる一大イベントです。

ベンヴェヌートブルネッロ2019
入り口

 

今年は、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2014年、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リセルヴァ2013年、ロッソ・ディ・モンタルチーノ2017年のリリースとなります。

 

2014年は、気温が低く、雨が多かった年で、生産者が苦戦した年となりました。

 

クオリティーを保つために、かなり量を減らしたというところが多かったです。

長熟向きのヴィンテージではない分、今から楽しめるブルネッロとなっていました。

 

ベンヴェヌートブルネッロ2019
会場内の様子

 

もちろん、ブルネッロは、長年熟成させてこそ、その良さが発揮されるワインでもあるので、偉大なヴィンテージを長年セラーに寝かせておく方が楽しみでもありますが。。

 

でも、偉大なヴィンテージは、飲むだいぶ前に抜栓しておかいないと味が開きませんが、2014年のブルネッロは、レストランなど抜栓してすぐ飲むシチュエーションで楽しめるので、その点ではメリットです。

 

どちらにしても、天は神のみぞ知る、、、

気温と雨は、誰もコントロールできません。

 

 

ブルネッロ2014を飲んでみての感想としては、前評判より良かったと思います。

生産者の腕が光っていたところが多かったと思います。

 

 

リセルヴァ2013年は、どこもスパイスと果実味が融合していて、文句なしにグレイト!

 

ロッソ2017年は、気温が高く、雨が少なかったので、間違いなくいい年といえます。

 

カルミネメデアが直輸入するカスティリオン・デル・ボスコも、参加していました。

ベンヴェヌートブルネッロ2019

エキスポートマネージャーのロベルト。

 

ベンヴェヌートブルネッロ2019

セールスのグイドと一緒のカルミネ。

 

 

プラスアルファとして、オリーブオイルの試飲と、チーズ、ハム、焼き菓子の試食もありました。

ベンヴェヌートブルネッロ2019

ベンヴェヌートブルネッロ2019

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住16年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA