スパークリングワインと魚介のパスタのマリアージュ

お祝いのときにかかせない、スパークリングワイン。

 

スパークリングワインは、乾杯時や最初の一杯だけという方も多いのではないでしょうか。

 

私も、以前は、スパークリングワインは、食前酒や、最初の一杯として飲んでいました。

 

でも、初めてスパークリングワインの生産者を訪問した時に、スパークリングワインに合わせて、前菜、パスタ、メイン、デザートのフルコースを食べ、スパークリングワインも食事と合わせて楽しめる食中酒だということを学びました。

 

最近は、食事がライト化していたり、ベジタリアンやビーガンなど、スパークリングワインをおいしく合わせられるシーンも増えています。

和食にも、スパークリングワインはとても相性がよいです。

 

スパークリングワインは、魚介類にも相性ぴったりなので、今日はエビとイカのパスタを合わせてみました。

魚介のパスタ

作り方をご紹介~。

 

フライパンに、オリーブオイルとつぶしたニンニクを熱します。

ニンニクは、みじん切りでもいいのですが、私はニンニクのききすぎたものより、ほのかに香る程度が好きなので、熱したニンニクは取り出します。

 

エビとイカを入れてさっと炒めて、白ワインを回しかけて、ゆであがったパスタをからめて、きざんだイタリアンパセリをパラパラっとかければ出来上がり。

 

合わせたのは、トレンティーノ・アルドアディジェ州のスプマンテ、トレントDOC

トレントDOC

 

魚介の出汁と、スパークリングワインのミネラル感が相性バツグン。

 

簡単にできるパスタなので、ぜひ試してみてください♪

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのバイヤー。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。