イタリア、サルデーニャ州のDOCG

美しい海で知られるサルデーニャ島は、リゾートで有名な地。

日本でも人気の出てきたカンノナウは、サルデーニャの土着品種です。

サルデーニャのDOCGは、ひとつのみ。

サルデーニャのDOCG

ヴェルメンティーノ・ディ ・ガッルーラVermentino di Gallura
です。

ヴェルメンティ―ノは、地中海に面する地域でよく作られている白ブドウで、スペインでも作られています。もともとは、スペインの品種と言われています。

 

19世紀初頭にガッルーラ地方で初めて植えられました。なので、比較的歴史が新しいブドウです。

ガッルーラとは、サルデーニャの北東部の地域。

 

リグーリア州やトスカーナ州など、海沿いで作られていますが、ヴェルメンティーノといえば、やはりサルデーニャ

 

ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラは、95%以上がヴェルメンティーノ種でなければいけません。

 

しっかり冷やして、魚介と合わせると最高です。
魚、タコやイカ、貝類のグリルや、魚介のリゾット、魚介のパスタ、魚のマリネ、魚のフリット、、、とにかく、魚介ならなんでも合うというくらいベストなマリアージュです。

 

山の幸なら、鶏肉やキノコをクリーミーなソースとあえて。
あと、サルデーニャは、羊のミルクのペコリーノチーズの産地。熟成の浅いペコリーノチーズと合わせてもいいですね。

 

魚が好きなので、ついマリアージュの記述に力が入ってしまいました(笑)。

 

ちなみに、サルデーニャは、コルクの生産でも有名です。イタリアのコルクといえば、サルデーニャ産です。

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのワインのセレクト担当。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA