キャンティクラシコのゾーンとは

「キャンティ・クラシコ」の地域は、フィレンツェとシエナの間にあります。

広さにして7万ヘクタール。

7万ヘクタールって、どのくらい大きいのでしょうか。ピンときませんね。

調べてみたら、東京ドーム約1万4900個分!

そうとう広いですね。

7万ヘクタールのうち、約7200ヘクタールがキャンティ・クラシコ・ワインのブドウ畑になっています。
ということは、10分の1ですね。

意外と、割合は少ないのですね。

「キャンティ・クラシコ地域」というのは、「キャンティ・クラシコワインが作られる地域」という意味です。

キャンティ・クラシコ地域は、広いので、キャンティ・クラシコワインといっても味はさまざま。
そこで、出てくるのが、市の名前。

下記は、市全体がキャンティ・クラシコ地域になっています。

カステッリーナ・イン・キャンティ
グレーヴェ・イン・キャンティ
ラッダ・イン・キャンティ
ガイオーレ・イン・キャンティ

下記の市は、市の一部がキャンティ・クラシコ地域になっています。

サンカッシャーノ・イン・ヴァル・ディ・ペーザ
タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ペーザ
ポジボンシ
バルベリーノ・ヴァル・デルザ
カステルノーヴォ・ベラルデンガ

それぞれの市をわかりやすく地図にしました。

キャンティクラシコの地図

 

「キャンティ・クラシコ」ワインというときに、どこの市かというのもポイントになってきます。

場所が変わると土壌、気候、標高も変わりますので、キャンティ・クラシコを飲むときは、どこの市なのかというのを気にして飲むと、どこの場所が自分の好みなのかがわかってきます。

市の名前は、裏のエチケットに記載してありますので、見てみてください。

カルミネメデアワインで、セレクトした「キャンティ・クラシコ」ワインは、カステッリーナ・イン・キャンティのものです。

カステッリーナ・イン・キャンティでは、酸味がきれいで、エレガントなキャンティ・クラシコができます。

果実味豊かで、バランスがとれていて、エレガント。

日本未入荷の小さな作り手「セトリオーロ」のキャンティ・クラシコ

セトリオーロ

カルミネメデアのオリジナルのキャンティ・クラシコ

カルミネメデアキャンティクラシコ

The following two tabs change content below.
yuka

yuka

イタリアはフィレンツェ在住15年。イタリア公認ソムリエ。 カルミネメデアワインのワインのセレクト担当。 ワインとチーズとパンをこよなく愛する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA